Google Cloud Platformの課金アカウント作成手順

課金アカウント作成手順

課金アカウントを作成する手順は下記の通りです。

既存ユーザー用ガイドページの「移行ツール」ボタンを押す。
既存ユーザー用ガイド
Transition Toolページの「Authorize」ボタンを押す。
Transition Tool
アカウント選択画面で、手続きを進めるアカウントを選択
アカウント選択画面
「Get Started」ボタンを押し、スタート画面に移動する。
Get Started

もしくは、

GoogleMapsPlatformページの「スタートガイド」又は「使ってみる」ボタンを押しても同様の画面が開きます。
ようこそ Google Maps Platformへ

すると、いずれもこの画面になるので、

Enable Google Platformページで使用するAPIにチェックし、「CONTINUE」ボタンを押す。
Enable Google Platform
2.Select a project 選択でAPIキーが使用されているプロジェクトを選択して「NEXT」ボタンを押す。
Select a project
プロジェクトと請求先アカウントを紐付ける(有効化する)画面で「請求先アカウントの作成」ボタンを押す。
プロジェクトの請求の有効化
新しい請求先アカウントの作成画面で、請求先アカウントに好きに名前をつけて「続行」ボタンを押す。(請求先アカウント名は後に変更可能です。)
新しい請求先アカウントの作成
国を選択し(済みですが)「確認」ボタンを押す。
国情報の選択
課金アカウント登録画面で必要事項を入力していきます(赤字が必須項目です)
課金アカウント登録画面
※クレジットカードの登録は必須です。
Googleマッププラットフォームの有効化画面で、登録が有効化されたことを確認します。
Googleマッププラットフォームの有効化
YOUR API KEYで1つ有効なAPIキーが付与されるようですが、これを使っても良いですし、後ほど削除・自分でAPIキーを発行しても問題ありません。
Googleマッププラットフォームの有効化(YOUR API KEY)
GoogleCloudPlatformのダッシュボードで、ログインしているアカウントでの各種情報を見ることができます。
GoogleCloudPlatformのダッシュボード

以上が、課金アカウントの作成手順になります。

課金アカウント作成にはクレジットカードの登録が必須

課金アカウント作成時にネックになり得るのは、支払い方法として必ずクレジットカードを登録しなければならないということです。

これに関しては例外的に銀行口座でも支払いが可能というようなGoogle公式のヘルプに記載があったりしますが、アメリカ等だけで現在日本ではできないのではないかと思います。

クレジットカード登録は、個人の方ですと自分のカードを登録すれば良いだけですから、あまり問題にならないと思いますが、法人・会社組織の場合ですと安易にはクレジットカードを使用できない経理的な事情がある場合も少なくない気がします。

そこで、クレジットカードの登録が必須かどうかについて、Google公式にメールで問合せたところ下記のような返答がありました。

○○ 様

いつもお世話になっております。
グーグル・クラウドプラットフォーム・サポートの○○です。

大変申し訳ありませんが、こちらは Google Cloud Platform の課金サポート窓口となることから、Google Maps API の課金サポートについては、文末リンク [1] にて英語のみのサポートとなりますので直接お問い合わせをお願いいたします。

お問い合わせいただいた請求書については確認できなかったのですが、クレジットカードをお持ちでないお客様については、文末リンク [2] の「クレジット カードまたは請求先アカウントが必要ですか?」によると、Google マップ パートナーへお問い合わせいただく旨ご案内がございますので参考になさってください。

参考情報といたしまして、Google Cloud Platform については、請求先アカウント作成にクレジットカードが必要となります (文末リンク [3] )。日本のお客様については、クレジットカード、または、Visa か MasterCard のロゴが付いたデビットカードをご利用いただけます ( 文末リンク [4] )。請求書についても、毎月 PDF 形式と CSV 形式の両方の請求書が発行されます (文末リンク [5] )。

その他ご不明な点等ございましたら、ご遠慮なくご連絡ください。

何卒よろしくお願いいたします。

Masato Kashiba
Google Cloud Platform Billing Support (Timezone: Asia/Tokyo)


クラウドプラットフォームに関する日本語でのお問い合わせ対応は
平日 9 時から 17 時までとなっております。対応時間外でお急ぎの場合は、
お手数ですが英語にてお問い合わせをいただけますようお願いいたします。

[1] https://support.google.com/cloud/contact/maps_billing?hl=en
[2] https://cloud.google.com/maps-platform/user-guide/pricing-changes/?hl=ja
[3] https://cloud.google.com/billing/docs/how-to/manage-billing-account?hl=ja
[4] https://cloud.google.com/billing/docs/how-to/payment-methods?hl=ja
[5] https://cloud.google.com/billing/docs/how-to/read-invoice?hl=ja

というGoogle公式ヘルプを元にした回答を頂きました。

このメールの内容から、

  • クレジットカードを持っていない場合は、Googleマップパートナーに問合せること。
  • 課金アカウント作成にはクレジットカードが必要となること。
  • クレジットカードの種類は、通常のクレジットカードか、デビットカードが利用できること。
  • カードブランドに関しては、Visa か MasterCard が必要になること。

が回答として読み取れます。

1)に関しては、クレジットカードが無くても、Google マップ パートナーへ問合せすることで、GoogleMapsAPIを使用できる可能性を示唆しています。

2)に関しては、やはり課金アカウント作成にはクレジットカードが必要になることが分かります。

3)4)に関しては、クレジットカードの種類について、Visa か MasterCard のどちらかが必要になることが分かります(JTBではダメと思われます)。

以上のことから、課金アカウント作成には基本的にはクレジットカード情報の登録が必須のようです。

GoogleMapAPIが表示されない場合の原因と対策は次の記事を参考にして下さい。

GoogleMapsPlatformの新料金体制が2018年7月16日に適用開始されました! 2018年5月3日頃より「Goo...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする