おすすめのレンタルサーバー比較一覧【2019年度版】

おすすめレンタルサーバーの最安プランでの比較一覧
業者 プラン名 月額料金
※1
SSD
容量
DB数
(WP可)
おすすめ度
さくらのレンタルサーバ スタンダード 428円(税込) 100G 20個 ★★★★★
コアサーバー CORE-MINI 198円 60G 10個 ★★★★☆
エックスサーバー X10 1,000円 200G 50個 ★★★★☆
カゴヤサーバー S21 800円 200G 10G迄 ★★★★☆
バリューサーバー エコ 167円 50G 1個 ★★★★☆
ロリポップ! ライトプラン 250円 50G 1個 ★★★☆☆
スターサーバー ライト 250円 50G 1個 ★★★☆☆
リトルサーバー ミニプラン 150円 20G 3個 ★★★☆☆
【JETBOYレンタルサーバー】 ミニSSD 290円 5G 3個 ★★☆☆☆
ヘテムル ベーシック 900円 200G 70個 ★★☆☆☆
mixhost スタンダード 880円 40G 無制限 ★★☆☆☆
wpXクラウド グレードA 500円 10G 500MB迄 ★★☆☆☆
wpXレンタルサーバー プラン名無し 1,000円 30G 10個 ★☆☆☆☆
Zenlogic プランS 890円 300G 無制限 ★★★☆☆
Just-Size.Networks エコノミー 308円 24G 11個 ★☆☆☆☆

※1 料金は契約期間により割引される場合がありますが、この表では「1年契約」の場合の「月額料金」を掲載しています。
※1 表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜き価格で表示しています。

さくらサーバー

さくらサーバーのトップページ

さくらサーバーは、レンタルサーバー業者の中では特に知名度が高く、古くからサービスを提供しているため実績も豊富で安心できます。プランも個人ユースからプロユースまで多数用意されてあり、幅広い利用層に支持されている所以でもあります。スタンダードプランであれば月額428円(税込)の低価格でありながら、DB(MySQL)は20個作成可能と十分過ぎる程です。

SSL無料使用可はもちろんのこと、実績とプラン内容からもおすすめ度はNo1とさせて頂きます。運営会社はさくらインターネット株式会社です。

さくらのレンタルサーバ

COREサーバー

coreサーバーのトップページ

COREサーバーはGMOデジロックが運営する2007年にサービス提供を開始したレンタルサーバーです。当初は同社が提供するXREA.comというサービスの上位互換有料サービスという位置付けでスタートしました。

2017年9月頃からマイグレーション(設備増強)を行なってからは、ページ表示速度も申し分ないものになりました。2017年8月には管理画面(コントロールパネル)が現在の仕様になり、デザインがとても今風になりました。旧管理画面は少し古めかしいメニューやデザインだったためCOREサーバーに対するイメージや使いやすさ向上にも良いことと思います。2017年8月に導入された無料SSLは管理画面から簡単に導入できます。

コアサーバー

Xserver(エックスサーバー)

xserverのトップページ

エックスサーバーは、エックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバーです。エックスサーバーの人気の秘密は高スペック&高速回線&安定だと思います。料金に関して他社のような500円以下の格安プラン用意されていませんが、高品位なサーバーを持ちたいと思われる方であれば、

  • スムースな管理画面の操作性
  • 親切なメニュー設計
  • 安定したサーバー動作
  • いち早く導入した無料SSL

など、その価値を十分に感じることができると思います。

エックスサーバー

カゴヤサーバー

kagoyaのトップページ

カゴヤサーバーは、カゴヤ・ジャパン株式会社が運営するレンタルサーバーです。個人・法人を問わず幅広く利用者がいるのが特徴で、料金設定が高めなだけあって手厚いサポートが充実していることでも有名です。

カゴヤサーバーでは自社所有のデータセンターがあるようで、24時間365日サーバー監視を行なっているため、仮に何かトラブルがあったとしても、すぐに対応してもらえる信頼と安心感があります。無料SSLに関しては、2018年2月より提供が開始されました。高品質のサーバーを求める方やシーンにおすすめです。

カゴヤサーバー

バリューサーバー

valueサーバーのトップページ

バリューサーバーはCOREサーバーと同じGMOデジロックが運営するレンタルサーバーです。COREサーバーの後、2013年5月にサービス提供開始しました。サービス内容としては十分ながら低価格なのが特徴です。

エコプランだと月額167円ながら使用可能DB数が1個だけなので心許ないですが、スタンダードプランになると月額334円で使用可能DB数が無制限(厳密には9999個)になります。そんなに使わないでしょうが、月額334円でこの内容はすごいです。(COREサーバー同様)2017年8月に無料SSLが導入開始されています。

バリューサーバー

ロリポップ!

lolipopのトップページ

ロリポップ!は、GMOペパボ株式会社が運営するレンタルサーバーです。GMOペパボはGMOインターネット株式会社の子会社であり、2001年11月からサービス提供を開始した老舗のサーバー業者になります。

ロリポップ!初心者向けサーバーだけあって初心者にも大変使いやすく、初めてサイトを運用される方などにもおすすめです。料金は低価格でサポートやマニュアルが充実しているのも特徴です。上記のことからユーザー数が多く、Web上にトピックや相談がたくさん寄せられるため、サーバーを使っていて分からないことや何か問題が起こっても素早く解決ができそうなのも良い点です。無料SSLは2017年7月から使用可能になりました。

ロリポップ!

スターサーバー

starサーバーのトップページ

スターサーバーは、ネットオウル株式会社が運営する2017年8月から開始されたレンタルサーバーです。サービス開始こそ最近ですが、実は、ミニバード(下位プラン)、ファイアバード(中位プラン)、クローバー(上位プラン)という3つのレンタルサーバーサービスが1つに統合されて、このスターサーバーが誕生したという経緯があります。

スターサーバーになり、料金は低価格に抑えられつつサービスは誰にも満足できる内容になっています。コスパが良くある程度サポートも行なってくれます。もちろん無料SSLは全てのプランで使用可能です。ネットオウル社が提供するサービスで、格安SSL販売サイトSSLボックスなんかもあります。

スターサーバー

リトルサーバー

littleサーバーのトップページ

リトルサーバーは、株式会社リトルネットワークが2016年7月に運営開始したレンタルサーバーです。比較的新興のレンタルサーバーですが公式サイトにも”お手頃価格で快適に”のキャッチコピーがあるように、4つのプランの内3つが500円以下の格安プランです。月額3980円のヘビープランというのもありますが、その予算を出すなら別の(上記の?)レンタルサーバーを借りた方が適所かと思います。

最安プランの「ミニプラン」は月額150円(1年契約割引適用)でDB使用可能数3個と魅力的です。月額250円(1年契約割引適用)の「リトルプラン」はDB使用可能数10個と低価格でありながら申し分ありません。
ただし、それぞれ最低契約期間がありミニプランは6ヶ月以上、リトルプランは3ヶ月以上の契約が必要となります。(この点、他のレンタルサーバーなら1ヶ月単位で契約できるのが普通だったりします。)低価格を求める方におすすめです。

リトルサーバー

JETBOY

JETBOYのトップページ

JETBOYは、株式会社ライムテックが運営する2016年4月に開始されたレンタルサーバーです。”サービスへの自信。最高品質のサーバーをエンドユーザ様へ”のキャッチコピーからも感じられるように、高品質の設備やサービス内容には相当な自信があるようです。

プランや料金は幅広く設定されており、月額380円のプランから月額9180円のプランまで選択肢は多いです。全てのプランで無料SSLを使用できます。

【JETBOYレンタルサーバー】

ヘテムル(heteml)

hetemlのトップページ

ヘテムルは、ロリポップ!と同じGMOペパボ株式会社が運営するレンタルサーバーで2005年11月にサービスが開始されました。GMOペパボ株式会社におけるレンタルサーバー「ヘテムル」の立ち位置としては、「ロリポップ!」が初心者向けだとすると、このヘテムルは玄人向けの上位サーバーのようです。

”月額800円~超高速”を謳っており、その他、

  • 無料SSL対応
  • 自動バックアップ対応
  • HTTP/2対応

が機能的にユーザーにとっては魅力的に映ります。
このうち、無料SSLは2017年10月から使用可能になっています。

ヘテムル

mixhost

mixhostのトップページ

mixhostは、アズポケット株式会社が運営する2016年6月サービス開始のレンタルサーバーです。”高速クラウド型”を謳っており、恐らく”高速”の由来である超軽量WEBサーバー「LiteSpeed」と、DBに「MariaDB」を使用していること等が、mixhostのセールスポイントになっています。料金プランは月額880円(最安)~月額7180円(最高)まであり、どれもDB使用可能数が無制限です。

また、大抵どのレンタルサーバーにも「お試し期間2週間」などの無料期間があるものですが、mixhostでは何と「30日間」もの無料お試し期間を設けてくれています。レンタルサーバーの選定にあたりロングランで試用できるのは助かりますね。

mixhost

wpXクラウド

wpxclowdlサーバーのトップページ

wpXクラウドは、エックスサーバー株式会社が運営するクラウドレンタルサーバーです。”快適なWordPress運営を実現する充実の機能”の通り、また「wp」の文字にもあるように「WordPress」に特化したレンタルサーバーになります。サーバーアプリケーションはよくある「apache」ではなく、高速webサーバ「Nginx」がインストールされています。

また、wordpress簡単インストール機能や、wordpress関連のアナウンスを積極的に行なってくれるなど、用途としては完全wordpress仕様のレンタルサーバーになっています。実際の所wordpressでなくても、普通にサーバーとして使えるかと思いますが、そういった人はそもそもこのサーバーを契約しないでしょう。

wpXクラウド

wpXレンタルサーバー

wpxrentalサーバーのトップページ

wpXレンタルサーバーもwpXクラウドと同様、エックスサーバー株式会社が運営するレンタルサーバーです。名前の似ているwpXクラウドとの違いですが、

wpXクラウドは、

  • WEBサーバー機能のみ(DNS、メールアカウント機能は無し)
  • wordpressサイトを運用できるのは1つのみ
  • 高品質&500円からの低価格プランあり

のに対して、wpXレンタルサーバーは、

  • DNS、メールアカウント機能がある
  • 複数のwordpressサイトを運用できる(最大10サイト)
  • 高品質&1000円の1プランのみ

となっています。
サイトの見た目もwpXクラウドとほぼ同じなので違いが非常に分かりにくいですが、DNSやメールアカウントが必要無いなら「wpXクラウド」、高品質なwordpressを複数運営したい方には「wpXレンタルサーバー」をおすすめします。もちろんどちらも全プラン無料SSLが使用可能です。

wpXレンタルサーバー

Zenlogic(ゼンロジック)

zenlogicのトップページ

Zenlogicは、ファーストサーバ株式会社(主要株主ソフトバンク株式会社)が運営するレンタルサーバーです。設立は1996年でファーストサーバ自体は1999年にサービスを開始しました。Zenlogicブランドとして運営が開始されたのは2015年2月のことです。

ファーストサーバは、2012年に顧客データが全消失するという事故を引き起こしたことでも有名です。大丈夫なの?と心配になりますが、その事故以来これまで被害の影響を受けたユーザーへの対応と、再発の防止に全力を注いできたようで、窮地を経験した今の方がむしろ、他の業者よりサーバーセキュリティやセキュアな運用意識は高いかもしれません。料金プランは890円(1年契約割引適用)~22600円(1年契約割引適用)と、今回ご紹介したレンタルサーバー業者のプラン数では最多で全部で8プラン用意されています。「格安ではない」だけに、全体に手厚いサービス内容となっています。

Zenlogic

Just-Size.Networks(ジャストサイズ・ネットワークス)

Just-Size.Networksのトップページ

Just-Size.Networksは、ネクションサーブ合資会社が運営するサーバー運営開始は2005年6月です。当初から”個人向けウェブサイト構築支援”を掲げているように、料金プランもかなり良心的(格安)です。

プランは2しかなく、月額206円のサブドメインプランか、月額308円のエコノミープランのみ。サブドメインプランはその名の通り、サブドメイン(https://○○○.sample.net/)としてしか運用できず、長期的・SEO的に見て使い勝手は悪いものになりそう。対してエコノミープランは独自ドメイン(https://○○○○○○.net/)での運用が可能で、通常はエコノミープランで良いでしょう。2018年2月からは嬉しいサービス改定があり、料金そのままで容量が2倍になりました(SSD12GB→SSD24GB)

Just-Size.Networks

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする